--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/10/19 (Fri) シアワセナミダ(ネタバレあり)

こんばんはアスセカです。ミルトソフトの処女作である「シアワセナミダ」をライターのmilt氏直々の監視の元、プレイさせていただきました。所々質問をすると

「わかれよおおおおおおおおおおおおおお」

と言って優しく教えてくれる姿が印象的でしたね。このmilt随伴シアナミプレイ、是非みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

プレイ時間は1時間ちょいといった所ですかね。多分シアナミをここまで濃厚プレイした人はそう多くはないと思います。

それではレビューに入ります。

まず文体はとても読みやすく、どこか知的ささえ感じさせました。全体的なものではなく、文1つ1つでみていけば、とても丁寧に書かれていましたね。
そして物語終盤のシーン。まずBGMが良かったです。そして「さぁ、包まれろ」と言わんばかりのこの展開。僕は好きでした。
キャラとかストーリーとかは、このゲームにあった規模で必要最低限は描かれていると思います。というかそんな重要という気もしませんでした。

やはり印象に残ったのは最後の夢の中のシーンでしたね。

milt氏が隣に居た事もあって、完全に終盤はアヘ顔でプレイしていたのですが、やはり終盤の雰囲気は、ぐっとくるものがありました。

そしてプレイ終了直後、僕が発した一言がこれです。

「面白かった」

そう、思い返せば正直、掴みどころがないんですが、それでも、その時の僕は面白いと思ったんですね。まじロック。



全体を通して瀬戸口の影がチラつくというか、もう飛び出してきてレイプされる勢いなんですけど、インスパイアを受けたと思えば、納得です。





以下余談
・シアワセナミダを真面目に考察

「包まれる」
これがこのゲームの全てだと思います。

作中では幸せがどうとか、明晰夢だとか色々と面白い話があります。その中で主人公が大きな決断というか選択をするのですが、僕はそれはそれ程重要だとは思いませんでした。
なぜならきっとその後主人公はその選択をずっと意識し続けて生きていくという事はないと思うからです。
みなさんも夢見ますよね?どのくらいその夢の事を覚えていますか?多分そんなに覚えていませんよね。
それ以外にも、嫌な事だったり、嬉しい事だったり、大きな決断だったり、そんなものが、人生の中では繰り返されていると思うんですよ。

わざわざその全てを覚えていませんよね?

まあそれでも、ですよ。もう一生思い出さないような事であっても、それらは確かに僕らを包みこんでくれているのかもしれない、というのがシアナミの中でのポイントなのじゃないかなと。

最後に主人公は選択をします。現実に戻り、そして夢の事を忘れ、自分のとった選択も曖昧になっています。

それでも最後にこう言うんです

「僕は、幸せだ」

過去も未来も意味をもたず、今この瞬間が全て理論というものがあります。

そう、今が全てなんです。そんな瞬間を生きる僕らをそっと包みこんでくれるものが、シアワセナミダなんだと思います。

包むってかなり曖昧な表現かもしれませんが、これ最後に夢が主人公に溶け込むというか、1つになるんですが、そういうのが、包まれるに当てはまりますね。


ふっけーこのゲームふっけーっすわ。
え?なにいってるかわからない?
わかれよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおすぐ終わるからああああああああ

得点:測定不能(milt氏が隣にいるか、いないかによるくさい)
ひしゃげ度:80(基本的なひしゃげ要素はしっかり取り入れている)
包まれ度;100

これはひしゃゲーではなく、包まれゲーといった方がいいでしょう。そして無理に言葉にする必要もないでしょう。



包まれたか、包まれなかったか。答えはそれで十分です。



君が流すその1粒の涙は、かけがえのないものなのかもしれない。



asuseka | comment(4) |


<<それぞれにやってもらいたいエロゲランキングベスト3 | TOP | 装甲悪鬼村正>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

アスセカさんはレビューの才能あると思う

2012/10/19 01:18 | casval [ 編集 ]


 

笑いながら泣いた。
ありがとう。感無量です。

2012/10/19 01:20 | みるお [ 編集 ]


 

みるねレビューには妙な説得力がある。
これはきっすみ以来の名レビュー。

――包まれていく

2012/10/19 01:24 | oakum [ 編集 ]


 

俺やった時は隣にみるとさん居なかったからなあ……
惜しいことをした

2012/10/19 01:46 | しそ [ 編集 ]


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。