FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/09/11 (Tue) CARNIVAL

お祭りにいってきました。Carnivalという名のね…。ミルト氏に薦められたゲーム、例の瀬戸ぐちゃあ氏がシナリオ担当のcarnivalをプレイしました。僕のプレイ前の印象だと、警察の車から逃げ出した男のレイプマンストーリーだと思いましたが、8割方正解だったかなという。



良い意味でも、悪い意味でも瀬戸口、なんだよなぁ・・・な作品でした。やはり1フレーズの文章のセンスは相変わらず。しかしロングスパンでみた時のストーリーの全体像がキラキラや、特にプシュケといった作品と似ていたかなぁと。僕は瀬戸口さんの作品は導入部はすごいひき込まれるんですけど、やはり後半の展開が苦手です。大楕円的な主人公ゲーのハッピーエンド好きとしては、瀬戸口作品はやはり現実的、いわばオナニーエンドなんですよね。色々あるけどオナニー気持ちいから人生楽しいっしょ的な。だからこそ胸に響くんですよね。




とまあ余談はこの程度にしておいて、やはり重要なのは「ひしゃげ」、この言葉の定義だと思います。僕らが普段何気なくつかうこの言葉。でも実際にはすごい曖昧ですよね?

僕の中での「ひしゃげ」というものは、そう例えるなら、

「クラスで一番可愛いあの子のリコーダーを放課後の教室で吹くんだけど、それがもうどうしようもないくらいに、澄みきったメロディを奏でている。」

ですかね。他人のリコーダーなんて吹いちゃいけません。でもそれなのに不思議な事にどうしようもなく最高のメロディが聞こえてきてしまう。他人のリコーダーで。この感覚が「ひしゃげ」なんじゃないかなあと。

主人公の学君はやって、当初は達観しまくり、人生退屈だなあみたいな生活を送ってるんですね。それは僕らプレイヤー側から見ても何か物足りない、ドラマティックさがまるでない日常なのです。それが学君は、ある日を境に先輩の首をカッターで切り裂いて、その上での逃亡、レイプのぶっぱなしの日々を送るわけですね。

やっている事自体はどうしようもないクズなのですけど、やはり、不思議な事に、そっちの学君の方がどこか輝いてみえるんですよ。
瀬戸口さんが使う、ロックという表現もこれにあてはまるかもしれません。ロックって音楽はもうそりゃあ騒音みたいな音が鳴り響いて、歌詞だってファックだ、マザーファッカーだ、ってもうそりゃあ下劣の集大成みたいなものですよ。でもそんな音楽でも不思議とやっぱり良いなって思ってしまうのですよね。神聖かまってちゃんとかが良い例だと思います。



そしてこの極論が「人間って・・・」の答えかなと。こういった人間の本質的なテーマは哲学的な分野で腐るほど色々な思想があると思うのですが、このゲームの中では虐待だったり、レイプだったり、殺人だったり、とまあどうしようもない事だらけなのですが、それでも最後に主人公達は

「ロックンロールで生きていこうよ」

この一言でまとめてしまうわけです。僕がこの作品を好きであり、苦手でもある点はここにあると思います。
よくあるアニメやらラノベの展開としては、主人公が物語の中で成長して、自分なりの答えをみつけて、それを貫く的なのってありますよね。でもこのゲームの中では逆に主人公はゼロに戻って、ものすごく曖昧で、答えがない事が答えという事になります。そして最後のヒロインの言葉。

「とても怖いけれど、とても幸せです」

この言葉がCarnivalの全てかなあと。まあ他にもサブタイトルにあるトロイメライだの、モンテクリストだの興味深い内容もあるのですが、そこら辺はもういいっしょ^q^
最後に主題歌の歌詞を載せておきます。

「デュンケルジュマー」

暗い部屋の中、膝をかかえ窓から月をみあげて

月は笑う僕を笑う、ひしゃげた心を

こんな部屋にはいつまでもいてられない

夜の道を原付にまたがりいく

人は誰でも、心の中に部屋をもっている

底なしにくらくて、歪んで美しい

暗い部屋の中、膝をかかえ窓から月をみあげて

月は笑う僕を笑う、ひしゃげた心を






そこそこ書きましたがとりあえず得点は58点です^q^

asuseka | comment(3) |


<<シークレットゲーム -KILLER QUEEN- DEPTH EDITION(FLAT/2009) | TOP | アニサマ∞とTAKUYA∞>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ひしゃげの例えがけっこう的を射ててわろたw
それでいてその澄みわたったメロディは、本当は、音楽としてはぐっちゃぐちゃなんだよな。
でも吹いている本人とかそれと同じ感覚を持っちゃう人、読者にとってはどんなクラシックにも勝る高尚な音楽にさえ聞こえるような。
そんなイメージだと思う。

点数低すぎんよぉ……。

2012/09/11 14:55 | みると [ 編集 ]


 

>>瀬戸口作品はやはり現実的、いわばオ◯ニーエンドなんですよね。色々あるけどオ◯ニー気持ちいから人生楽しいっしょ的な。だからこそ胸に響くんですよね。

この時点で読むの厳しいけど

評価は妥当だね( ・`д・´)

2012/09/11 22:50 | わくお [ 編集 ]


 

大絶賛かと思いきや点数低くてくそわろた

一流の悲劇より三流の喜劇を支持する僕ですが、2年前はハッピーエンドに思えなかったCARNIVALも、今ではあれで良かったんだ。あれが良かったんだと思えるくらいにはなりました。

2012/09/12 19:49 | oakum [ 編集 ]


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。