--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/01/20 (Fri) 猫撫ディストーション(WHITESOFT/2011)(仮)

「誰もいない森の中で木が倒れたら、音は出るのでしょうか、出ないのでしょうか?」
――七枷琴子――


猫撫ディストーション




星がいっぱい落ちてきて、満天の空に光が瞬いた夜――。
開けられないはずの扉を開け、俺は観てしまったんだ。
それは幻にも似た、幾度も繰り返す夢?
それとも、二度と現れない唯一のもの?
ただ分かっているのは、あいつらが俺の家族で、俺の居場所は、ここにしかないということ。
(公式より)


【シナリオ】8/10
シナリオライターは元長柾木さん、藤木隻さん。
どちらがどのルートを担当しているのかは、公式でも未発表のため分かりません。
「家族」というテーマを哲学や量子力学を用いて表現しているお話で、ウィトゲンシュタインやシュレディンガーの猫などが使われています。
よって文章は難しいので、読み流していると置いてけぼりになりかねません。
過去に自分がプレイした中にも「家族」をテーマとしたものはいくつかありますが、この作品はそれらと比べて、「家族」の意味とか概念とか、本質的な部分を描いているように感じました。
好きなシナリオはギズモルート。

【キャラ】7/10
攻略ヒロイン5人中4人は家族設定。
七枷家は個性豊かですが、基本的にそのベクトルは同方向。
唯一家族ではない柚は、一人別方向のベクトルを持った重要なキャラであると言えます。
好きなキャラは七枷琴子。

【グラフィック】6/10
原画はミヤスリサさん、月音さん、みやま零さん。
やはり複数原画はやや苦手です。
このゲーム唯一の難点かな。
琴子の人(みやま零さん)の絵は好きです。

【音楽】9/10
OPはOuterの「Bullshit!! Hard problem!!」。
パワーがある曲。歌詞の汚い言葉がすごく良いです。
BGMは「World eyes」「Familiar」など、雰囲気に合ったピアノが印象的でした。

【雰囲気】10/10

【総合】80.5点


自分の攻略順は、結衣→ギズモ→式子→柚→琴子でした。
琴子は固定ですが、他を入れ替えて、結衣→式子→柚→ギズモ→琴子とかいいかもです。
プレイ時間は20時間ほど。


最初に言葉があって――。
世界が生まれて――。
誰かがそれを『観る』ことで世界は確定する。
Hello Word, Hello World.

milt | comment(0) |


<<miltさんのエロゲレビューコメで打線組んだ | TOP | 僕らチェンジザワールド>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。