FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/24 (Mon) キラ☆キラ (80点)

きっとこの一瞬一瞬は、二度と戻らない僕のきらめきになる。正解も間違いも、全部一生のものなんだ。
このゲームをやり終えたときに、部屋に朝陽が差し込んでいました。まぶしいのでとりあえずカーテンをしめて寝ました。起きた後にはとりあえず外にでようと思い、そこら辺をブラブラしてコンビニで立ち読みして帰ってきました。これはそんなゲームだと思います。


前半の文化祭までのノリは最高でした。まさに僕が求める青春ロックンロールアドヴェンチャーにふさわしかったです。

やはり気になるのは主人公の鹿君ですかね。僕は熱い男が好きなんですがこの鹿君はかっこいいんですが、最終的には結構なあなあな感じで終わっちゃうんですよ。

でもそれ以上に鹿君を受け入れるのに抵抗があるわけ、それは鹿君が僕たちに似ているかもしれません。


例えばの話なんですけど、とりあえず何かすごい事をしようと思い立ち、自転車に乗ってどこか遠くへ行こうとした経験ってありませんか?


結局途中で疲れてコンビニよって帰ってくる?そんな夏の日が僕にはありました。


自分が人とは違うものを持っていて、ヒーローになれる。そんな想像は誰もが抱くと思います。

しかし現実は違う。本当に輝けるのは一部の人間だけで、努力しようとする気もそんなにない。結局鹿君は就職活動をはじめ、きらりは外の輝く世界に飛び立っていく。


これはすごいリアルティがある話ではないでしょうか。人を感動させるお話より、こういった身近に感じられるお話の方が実は希少なのかもしれません。



これが現実なんですよ。でもだからこそ、その一瞬の輝きが僕らにとって一生の宝物になるんだ。



瞬間、瞬間

それがこのゲームの全てだと思います。

asuseka | trackback(0) | comment(0) |


<<もしも明日世界が終わったとしても | TOP |

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://oakum1129.blog55.fc2.com/tb.php/2-2fd8ae58

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。