FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/08/27 (Thu) 人はエロゲをしなくても生きていける。けど、それだと生きていくことしかできないんだなって。

どうも、こんばんわアスセカです。
久方ぶりにエロゲーを2本ほどプレイしました。

この文章を読むにあたっての注意点なのですが、これはレビューではありません。
これは僕が、この世界に存在する全てのエロゲーマーに捧ぐものです。

以下本題

まずプレイしたエロゲーですが「eden」と「なないろリンカネーション」というゲームをプレイしました。
なないろリンカネーションについてはまだコンプはしていませんが、本筋は全て終わっていませんが、そこは割愛させていただきます。

これら2本の作品については僕から述べる事は何もありません。miltさんがどちらもレビューを書いているので、気になる方はそちらをご参照ください。

今回僕にとって一番大きかった事は、作品の内容ではなく、社会人としてエロゲをクリアした、という事でした。エロゲ=学生の特権という風潮がありますが、それはあながち間違ってはいないと思います。働き方は人それぞれですが、なんにせよ社会人という制約の中でエロゲをプレイする事は中々大変だと思います。

もちろんそれは時間的な制約があり大変、という意味ではありません。僕にとってのエロゲというものは1つの世界です。その1つ1つに様々な人間が存在し、ありとあらゆる時間が流れています。

だからこそ「社会」という明確な世界の1ピースとしてガッチガッチに嵌められた今の僕にとってはその世界のギャップが1つの重さでもありました。大学生時代は学生という身分ではありましたが、この世界のどこにもあてはまらない存在であるような気がしていました。

それ故により深く、より濃く、これまではエロゲの世界と憑依合体する事ができていたんだと思います。

そんな中で歯を食いしばりながらの社会人エロゲプレイ。

・・・・・・・・

エンディングを見届ける。
時間は月曜のam2:30。
もちろん明日は仕事。

あたりを見渡すとそこはいつも通りの部屋なのですが、いつもと違う景色が広がっていた。

あぁ、そっか、帰ってきたんだな。

そこはエロゲーマーにとっての聖域。

静寂を静寂であると感じる事ができ、自分のすぐ脇で流れる時間を見送る事ができる空間。

窓から差し込む月明かりはいつも明るく、吹く風は優しい。

深く深く深呼吸をして思いを馳せる。人生であと何回ここにやってくる事ができるだろうかと。

そこは一般的に言うのであれば「満足感」というのが一番近いかもしれません。満たされている。包まれている。それらの表現全てがあてはまると思います。

またこの場所につれてきてくれた、これらの作品を僕は尊敬します。ありがとう。



エロゲーマーを孤独ではあるが、一人ではない。


この世界に精一杯の愛を込めて。

Eroge is not dead

and we are still alive.

That's all.

asuseka | comment(0) |


| TOP | カーテンから差し込む光は風俗の残り香>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。