FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/01/17 (Fri)

あけましておめでとうございます。

今年も頭空っぽにして生きていけたらなと思います。どうぞみなさんまた一年お願いしやす。

という事でざっとですが2013年アスセカ総評に移りたいと思います。


第10位
のんのんびより



にゃんぱすー。田舎でも健気に働いていこうという希望をくれた作品。青森カマーン。


第9位
劇場版あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない



思い出せそうで思い出せない、少年時代のあの夏のにおいがそこにはありました。

第8位
暗い部屋

http://nico.ms/sm19706240

しっかり瀬戸口作品をやっていくぅー。鉄板の芸風は健在。


第7位
日々ロック


去年読んだ漫画の中で一番笑いました。バンドがやりたいがために父親の頭を大根でかち割るシーンが秀逸。


第6位
ラブ人間



落ち目かなーとも思いつつやっぱり良い曲をつくってくれています。音楽好きとかではないけれど、この人たちは見続けていたいですね-。

第5位
凪のあすから



2014年からも続いてシーズン2が放映真っ最中の作品です。1クール目は中堅的な面白さですが、4年後が描かれている2クール目は爆上げの模様。PAworksなので酷い終わり方はまずありえないし、大きな出来事そのものではなく、その中での恋愛関係にうまく焦点を当ててるのが良いですね。これをみてると冬の海をみたくなるんだよなぁ。

ちなみに後半戦ではヒロインが変わるんですが、新ヒロイン美海ちゃんは2013年度ベストヒロインです。

第4位
神のみぞ知るセカイー女神編ー



んーここでそのチョイス?と思う方がいるでしょうが、元々原作の女神編はもう本当に最高の出来だと僕は思っています。漫画の中でも、数多でてくるヒロインの中でも一番好きな「ちひろ」がメインにくる話なんですねー。
アニメ版では最終話の構成が最高。そこだけでいうなら、アニメの方が僕は好き。

選ばれなかったものの美学というのでしょうか。選ばれなかったからこそ、光り輝く瞬間があるというか。

切なさの向こう側のセカイをみせてくれました。

「好きな人がいる人は、告白しちゃおうぜぇい!」

番外編
モンスターハンター4

青木をハブにした普及の名作。


第3位
ホワイトアルバム2



アニメでもいろいろと世間を騒がせた一作。恋愛至上主義の一本ですね。これって別にグロの要素とか超展開があるわけじゃなくて、ひたすら2人のヒロインの間をいったりきたりするだけなんですよね。それだけである意味こんなたくさんの人の心をつかんだのって、最近のゲームの傾向からみるとすごい珍しいんじゃないかなと。とにかく刹那ちゃんの負けっぷりにスタンディングオベーション。

第2位
村上春樹



日本国民なら誰もが知るであろう作家村上春樹の作品を初めて読みました。その名も「1Q84」。どんな名作かと思いきや、僕は所々爆笑しながら読んでいました。なぜかって?

こいつって

劣化版みると

なんだよなぁ

もう本当に「あれ?この小説俺が書いたんだっけ?」というシーンが多すぎます。月とか透明とか空っぽとか人間とか。この小説はかなりの長編なのですが・・・同じ内容を1時間にまとめたみると氏の「シアワセナミダ」の方が秀逸な作品でした。
800ページもの間マンションの一室で過ごすとかただの瀬戸口信者をこじらせただけ。

著者名を隠して本をだせば、「へー,みるとさんって同人作家になったんだ」となるのは間違いなし。

みると>>>>村上春樹 これは覚えておきましょう。


第1位
空箱理論

小学生は宝箱

中学生はびっくり箱

高校生はおもちゃ箱

大学生は空箱

社会人はゴミ箱


2013年という名の箱

僕らは空っぽの箱の中で、水性ペンで壁にめいいっぱいの落書きをしてる。

いつかゴミ箱の内側でかすれて消えていってしまっても・・・


「生きねば」


ワンズフューチャー賞
ロックンローラー小貫くん

僕には小貫君という友人がいます。去年の3月、僕は彼の人生の歯車が狂い始めるその音をしっかりとこの耳で聞きました。DQNではないし、うけ狙いとかそういうのでもない。たまにぶつぶつ独り言つぶやきながら歩いててなんだこのおっさんこええっていう時あるじゃないですか?その感覚に怖さをもった人間です。

新宿の駅前で最中ダンボールに頭から飛び込んでそのまま動かなくなったあの夏の景色を僕は一生忘れられないかもしれません。

また12月の終わりに幕張の海に飛び込んだ彼ですが、全身からダイブしたのにも関わらず3分ほどで乾いていました。タオルとかで体をふくこともなく、せっせと再び洋服を着ていたのですが、その姿をみてオーカムさんと僕は首をかしげっぱなしでした。奇跡の発汗性能をもつ男、要チェックや。


ノフューチャー賞
bimboo

http://nico.ms/sm22626483

人間性を捨て、ロックンロールという言葉に溺れたオバイバー。

「俺バイト中になんかやれって言われても絶対わかんないですっていいますよ。だってわかんねえんだから堂々と聞けばいいんですよ」

思考を放棄するスタイルにアスセカ氏も閉口した模様。


とりあえずガンプラを久々につくりたいなと思ったそんな年明けでしたとさ。はい、ちゅんちゅん。

スポンサーサイト

others | comment(2) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。