--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/04/21 (Sun) 雑記

遂に更新がないまま3ヶ月が経とうとしている…。
本当は適当にアニメの感想とか残しておこうかと思ってたんだけど、結局投稿しないままだったわ。
就職活動が終わったら色々書きたいね。

内定が出た人はおめでとう!
まだの奴は俺と夏まで頑張ろっか^^





「何を選んだってどうせ後悔するんだから大丈夫なんだよな」

某レイパーの言葉らしいです。
生きていく上で、皆なるべく後悔のないように行動はしてるはずですよね。
それでも割り切れるもんなど何ひとつないんだろう、ってフラカンは歌ってました。
僕もそう思います。

だから僕は、どうせ後悔するならやる前から後悔しておけばいいって考えています。
やる前から悔いる。前悔ですよ、前悔!

はみだした憂鬱も、しらけた退屈も死んでくまでつきあっていくでしょう。
それならせめてもの抵抗として、このクソッタレな世界に精一杯の愛を込めて歌おう。

スポンサーサイト

oakum | comment(3) |


2012/11/06 (Tue) 夏子の冒険/三島由紀夫

あらすじとかはアスセカさんの投稿読んで下さい。

oakum | comment(0) |


2012/11/06 (Tue) 2012アニメ雑感

ゴティックメードくっそ面白かったああああああああああああああ!!

oakum | comment(3) |


2012/10/24 (Wed) それぞれにやってもらいたい何か色々ランキングベスト3

波に乗って書いた。2時間かかった。
後Ever17が神ゲーだった。

oakum | comment(5) |


2012/05/30 (Wed) ぼくのどくしょかんそうぶん01


『ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~ 』
三上延 メディアワークス文庫



これからは読んだ本の感想をできるだけ書いてみようと思う。手始めにこの1冊。
本屋でよく見かけるが、メディアワークス文庫の本は今回これが初めてだった。
表紙はイラストだけどライトノベルという感じでもなく、でも一般書籍扱いではない。
いままでイマイチメディアワークス文庫の立ち位置が掴めなかったけど、これでなんとなくわかった。

アスキーが電撃文庫から転換を図って、一般文芸に門戸を広げたのがこのメディアワークス文庫ということ。
対象となる読者層は、一般文芸読者や、ライトノベルを卒業する人が中心となる。
なるほどそんな感じだった。でも俺はまだライトノベルを卒業しようとは思ってないよ、好きだし!

そろそろ本の内容について書こう。
粗筋ははWikipedia引用で楽をする。

>>古書に関して並外れた知識を持つが、極度の人見知りである古本屋の店主・栞子が、客が持ち込む古書にまつわる謎を解いていく。作中で扱っている古書は実在のものである。

こんな感じです。
古書がテーマとなっていて、同じく本がキーワードになる野村美月の文学少女シリーズと似てるかな。
殺人事件を解決していくわけでもないから、米澤穂信の古典部シリーズなんかとも近いかもしれない。

物語は基本的に語り手である五浦大輔の視点で進む。
1巻ではとある事情で栞子は入院していて動けないので、五浦が情報を集めて栞子に推理をしてもらう、といった安楽椅子探偵の形になる。



ここまで書いて思ったけど、これだと感想じゃなくてレビューに近いのかな。まぁいいや。



1巻はプロローグとエピローグを除けば全部で4話ある。
第1話から割と重めの話だった。
結末は安楽椅子探偵にありがちな真相をぼかすパターンで終わってしまうけど、まぁ、そういうことなんだろう。
1巻を最後まで読めばその可能性がさらに高まる。ね、キャスバルさん。
何言ってるかわかんねぇ!って人は買って読んでください^p^

トリの4話では今までの話で出てきた登場人物が絡む、王道的なパターン。
こういう風に話が繋がるっていうのは読んでいて気持ちがいい。
が、トリックというか意外性はあまり感じられなかった様に思う。
あれかな、びっくりするくらいの伏線、どんでん返しがなかったからかな。
御行儀よく正座したまま話が終わった感じ。

確かに面白かったんだけど、なんでミリオンセラーになったのかはちょっとわかんない。
でもコミュ障すぎる栞子さんは可愛い。


最後に三上延の著作リストを見てちょっと驚いた。
ダーク・バイオレッツだとかシャドウテイカーとか横文字ファンタジータイトルばかりだったから。
ビブリア古書堂の事件手帖は読んで損はしないと思うので、興味があったら皆さんもどうぞ。




因みに、大学が始まってから読んだ本の感想文は書こうと思っていて、今現在読破順に
AURA サクラダリセット7 ベイビー、グッドモーニング 脱兎リベンジ 
旅に出よう、滅び行く世界の果てまで。紫色のクオリア ALL You Need Is Kill タイム・リープ上下
が待ち構えています。圧倒的ラノベ率。圧倒的SF率。


オススメの本があったら教えて下さい。SFとか希望。
今回はこのへんで。

oakum | comment(2) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。